機種解説

【徹底解説】OPPO Reno3 Aがコスパ最強すぎる

超広角モード撮影
OPPO Reno3 Aイメージ画像画像引用元:OPPO Japan公式

2020年6月25日、OPPOより新機種となる「OPPO Reno3 A」が発売されました。以前UQモバイルでの発表が先行してあった為、当初はUQモバイル専売モデルかと思われましたがSIMフリーとしても販売されました。

今回の「OPPO Reno3 A」は前回発売して大人気だった「OPPO Reno A」の後継機に位置付けられており期待ができます。当記事ではその性能について解説していきます。

OPPO Reno3 Aの基本スペック

OPPO Reno3 Aカラー画像引用元:OPPO Japan公式

まずは端末の基本スペックを表にまとめてみました。

名称 OPPO Reno3 A
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 665
OS ColorOS 7.1(Android™ 10ベース)
RAM 6GB
ストレージ 128GB(最大256GBまでmicroSD対応)
バッテリー 急速充電 Quick Charge対応
4025mAh
SIMスロット デュアルSIM
カラー ホワイト/ブラック
サイズ
縦:約160.9mm
横:約74.1mm
厚さ:8.2mm
重量: 約175g
画面サイズ 6.44インチ(画面占有率約89.9%)
解像度 2400×1080ピクセル(FHD+)
有機EL(AMOLED)
アウトカメラ 約4800万画素(f/1.7)+約800万画素(f/2.2)+
約200万画素(f/2.4)+約200万画素(f/2.4)
インカメラ 1600万画素(f/2.0)
おサイフケータイ 対応
防水・防塵 IP68対応
通信方式
Bluetooth®: 5.0
Wi-Fi® :2.4/5GHz 802.11a/b/g/n/ac
接続端子
USB Type-C
発売日 2020年6月25日

「OPPO Reno3 A」はクラスとしてミドルレンジクラスになりますが今回は特にカメラがグッと進化した印象ですね。他社の同価格帯ミドルレンジのスマホと比べるとあらゆる部分で一歩リードを取っているような性能をしており流石のコストパフォーマンスといったところ。

カラーはシンプルにホワイトとブラックの2色展開。ホワイトはブルーへとグラデーションがかかっており夏らしいオシャレな仕上がりとなっており高級感もあります。

前機種の「OPPO Reno A」と簡単な比較を表にしてみたので見てみましょう。表では悪くなった部分は赤色良くなった部分は青色で表記しています。

OPPO Reno A OPPO Reno3 A
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 710 Qualcomm®
Snapdragon™ 665
アウトカメラ 1600万画素(f/1.7)+200万画素(f/2.4) 4800万画素(f/1.7)+800万画素(f/2.2)+200万画素(f/2.4)+200万画素(f/2.4)
ストレージ 64GB 128GB
バッテリー 3600mAh 4025mAh
重さ 約169.5g 約175g

比較してみると明らかにスペックダウンしたと言えるのはCPU性能くらいでしょう。しかし個人的にはこの程度のスペックダウンであればそこまで気にしなくても良いと思いますが荒野行動などのような3Dグラフィックのゲームを多くプレイすることがある人にとっては少しパワー不足かもしれませんね。他に重量アップもしていますがわずか5g程度なのでこれも気にするほどではないでしょう。

全体的にみてみると少しずつレベルアップを果たしており、ストレージも2倍の128GBへと進化。中でも特にカメラ性能が大幅に強化されたという感じですね。2眼レンズから4眼レンズへと進化し画素数アップもしている為とても期待できます。

カメラ性能徹底解説

今回注目するべきはなんと言っても大幅に強化されたカメラ性能でしょう。最近はますますスマホ業界全体でもカメラ性能が底上げされてきている気がしますが、今回も前機種「OPPO Reno A」と比較するとレンズの数が増えたりメインカメラの画素数が大幅向上するなどしています。それでは詳しく見ていきましょう。

アウトカメラ性能

Reno3 Aアウトカメラ画像引用元:OPPO Japan公式

まずメインとなるアウトカメラですが4眼レンズ搭載となっており構成は以下の通り。

  1. 4800万画素のメインレンズ
  2. 画角119度の超広角レンズ
  3. モノクロレンズ
  4. ポートレートレンズ

メインレンズが4800万画素とかなり高画素となっています。前の機種が1600万画素だったので単純に3倍の画素数へレベルアップ。動物の毛並みや細かな素材の質感など鮮やかな写真が撮影可能となりました。

そして今回は超広角の写真撮影も可能となっており広大な景色を写真にバッチリ収められるようになっているのもポイント。ウルトラナイトモードにも対応し夜景シーンの撮影にもより強くなりました。

119度の超広角撮影へ対応

「OPPO Reno3 A」では前機種ではできなかった超広角撮影に対応しており、風景写真や今まで一枚に収めるのに苦労していた集合写真や大きな建造物の撮影もバッチリこなせるようになりました。

参考としてOPPO Reno 10xZoom」にて撮影した写真ですが、超広角撮影と通常撮影の比較を載せておきます。

通常モード撮影※OPPO Reno 10×Zoom通常モードでの写真

同じ位置で超広角撮影をすると・・・

超広角モード撮影※OPPO Reno 10×Zoom超広角モードでの写真

手前の木がバッチリと収まり迫力ある写真が撮影できます。

東京タワーのような大きな建物を下から撮影する時や大勢の人で集まっての撮影時などには活躍する機能です。

ウルトラナイトモード搭載

ウルトラナイトモード撮影にも対応している為、夜景など暗いところでも白飛びやノイズを抑えた美しい写真撮影が可能となっています。先ほど同様OPPO Reno 10xZoom」にて撮影した写真ですが参考までに載せておきます。

ウルトラナイトモード写真※OPPO Reno 10×Zoomウルトラナイトモードでの写真

明るい部分と暗い部分の明暗がハッキリとしておりパキッとした写真に仕上がります。

電子式手ブレ補正で安定したビデオ撮影が可能

ビデオ撮影をする時は手ブレなどを気にして撮影する方も多いですよね。「OPPO Reno3 A」はビデオ撮影においてもジャイロセンサーや独自のアルゴリズムによって画質を綺麗に保ちつつブレを抑えた安定した映像が撮影できるようになっているので歩きながらの撮影でもブレを最大限に抑えてくれるので安心です。

インカメラ性能

インカメラについてはお馴染みのA.I.ビューティー機能対応で顔のパーツごとにお好みで調整が可能、自然で美しいセルフィー撮影が楽しめます。実はインカメラの画素数は前機種が2500万画素だったのに対して今回は1600万画素へとスペックダウンをしています。

しかし個人的にはセルフィー撮影はさほど拡大することもないでしょうし、あまり画素数が綺麗過ぎてもかえって肌荒れなどが気になる・・なんて方もいるかもしれないので丁度良い調整ではないかと思います。

ディスプレイ性能徹底解説

Reno3 Aディスプレイ画像引用元:OPPO Japan公式

次はディスプレイに注目してみます。画面占有率89.9%の6.44インチディスプレイを搭載しており、特徴は2400×1080の有機ELディスプレイに加えたDC調光機能でしょうか。もちろんGorilla Glass5搭載などディスプレイ強度もしっかり保たれています。

DC調光機能とは?

DC調光機能とは何かをひと言で説明すると画面のチラつきを抑えてくれる機能と言えます。多くの有機ELディスプレイは暗い場所など画面輝度を低くするときに画面のチラつきを起こしやすいと言われています。この現象は人によって個人差があり、気づかない人も多いようですがいずれにしても間違いなく目の負担にはなっています。

つまりチラつきを抑えた快適な動画視聴が可能となり目の負担が少ない鮮やかなディスプレイとなっています。

急速充電Quick Charge対応の大容量バッテリー

Reno3 A急速充電画像引用元:OPPO Japan公式

バッテリーについてはまず4025mAhへと容量がアップしました。そして何より急速充電に対応したのがポイントですね。尚、搭載している技術はOPPO社独自のSUPER VOOC急速充電ではなくQUALCOMM社のQuick Charge2.0のようです。

Quick Chargeについてはこちらのサイトを参考

うっかり充電をし忘れていても急速充電があれば短い時間で充電ができるので安心ですね。

おサイフケータイに対応

Reno3 Aおサイフケータイ画像引用元:OPPO Japan公式

前機種に引き続きおサイフケータイに対応しているのでモバイルSuicaやキャッシュレス決済にもバッチリこなせます。今回はFelicaの位置が背面上部になったのでかざしやすくなったのも地味に嬉しいポイントですね。

防水防塵(IP68)に対応

今回も防水・防塵に対応しておりIP67からIP68へとレベルアップしています。防水機能に変わりはなく防塵性能が僅かに上がったというところです。

これだけの防水防塵機能があればアウトドアシーンや雨に突然降られてしまった時でも安心して使えますね。

OPPO Reno3 Aまとめ

ミドルレンジとしてはとても優秀な仕上がりとなっている「OPPO Reno3 A」のポイントをまとめてみましょう。

・4800万画素レンズ、119度の超広角撮影などの高性能カメラ

・ウルトラナイトモード対応

・Quick Charge急速充電への対応

・おサイフケータイ対応

・防水防塵(IP68)対応

おサイフケータイから防水防塵まで万人が求めるであろう機能を全部詰め込んだ上でOPPOならではの高性能カメラを搭載しており、価格も4万円以下という圧倒的なコスパを実現しておりカメラ性能が高いものが欲しいけどハイスペックモデルには手が出ないなんていう方に是非オススメしたいですね。

個人的にはカメラや有機ELディスプレイ、急速充電などなど本当に4万円以下でいいの?というくらい贅沢な機能を盛り込んだミドルレンジ界ではコスパ最強のスマホだと思います。