通信業界ニュース

【iPhone対応?】楽天アンリミット追加情報まとめ

ポイント

2020年4月8日より楽天アンリミットのサービスが正式スタート。そしてサービス開始とともにプラン内容が初日であるにも関わらずパワーアップすることがいきなり発表されました。

そしてしれっとですが楽天モバイルの公式サイトを見ると対応端末一覧にiPhoneが追加されていたので改めて追加情報をお知らせしていきます。

eSIM対応製品にiPhoneの記載!しかし注意点あり!!

これまで楽天アンリミットではiPhoneは動作保証されていないと言われてきましたが公式サイトのeSIM対応製品一覧にまさかのiPhoneがラインナップされていました。

楽天モバイル公式サイトSS画像引用元:楽天モバイル公式

このようにeSIM対応製品としてiPhoneシリーズが記載されています。しかし、注釈部分をよく見てください。「上記機種は動作保証外となりますので、ご利用はお客様自身のご判断でお願いいたします。」と記載されているのです。つまり動作することは確認しているけど動作の保証をするわけではないから動かなくても自己責任でよろしくねってことですね。

それと気をつけなければいけないのが対応しているのはeSIM対応製品のみということなのでiPhoneX以下のシリーズ(iPhone7や8)は動作しません。nanoSIM不可。また、iOSのバージョンにも注意が必要です。

いずれにしても以前の記事でも解説しましたがかけ放題に必要な「Rakuten Link」のアプリがAppStoreにリリースされていないのでその点は理解しておきましょう。

パートナーエリアのデータ容量上限が2GBから5GBへ

楽天アンリミット画像引用元:楽天モバイル公式

楽天アンリミットは楽天回線エリアであればデータ容量が無制限ですが、それ以外のパートナーエリアでは月2GBまでとされていました。しかし、急ですが4月8日に月5GBまでの上限に引き上げられました。これは正直2GBだと少し不安がありましたが多少余裕ができた形になりました。

ちなみにデータ容量月5GBへの引き上げは2020年4月22日より順次対応していくようなので即時対応していないことには注意しておきましょう。

通信制限後も1Mbpsで使い放題に!

スマホでSNS

データ容量を使い切ったあとの通信制限時の速度も今までは128kbpsとされていましたがこちらについても通信制限後であっても1Mbpsの速度で使い放題とすることが発表されました。MVNOの楽天モバイル(新規受付終了済)と同じような形ですね。

いわゆる通信制限というと128kbpsであることが多く、経験したことのある人であれば分かると思いますが実際かなり遅くて使いものになりません。ですが、1Mbpsであれば通常のインターネットやSNS程度であれば問題なく使えそうです。

楽天アンリミット追加情報まとめ

ここまでお伝えしたサービス開始時点での追加情報のポイントを以下にまとめます。

・eSIM対応製品としてiPhoneが追加された

・iPhoneは動作保証されたわけではない(動作を認めただけ)

・パートナーエリアデータ上限が月2GBから月5GBへ増量

・データ制限後の速度が128kbpsから1Mbpsへアップ

動作確認については今後も動きがあるかもしれないので要チェックですね。iPhoneが動作保証される時は来るのでしょうか。比較的データに関しても使いやすくなったので今後契約者も少しずつ増えていきそうですね!