通信業界ニュース

【徹底解説】話題のRakuten UN-LIMIT(楽天アンリミット)とは?

疑問イメージ

Rakuten UN-LIMIT(楽天アンリミット)のサービスが2020年4月8日からスタートしました。最近ではCMもよく見かけるようになりましたね。

Rakuten UN-LIMIT(楽天アンリミット)とは楽天モバイルによるデータ容量無制限、国内通話完全かけ放題とする新プランでありDocomo、au、SoftBankの大手3キャリアに次ぐ第4のキャリアとして楽天モバイルが進出するのにふさわしい非常に挑戦的なプランと言えます。

Rakuten UN-LIMIT(楽天アンリミット)の基本情報

楽天アンリミット画像引用元:楽天モバイル公式

Rakuten UN-LIMIT(楽天アンリミット)月額2980円という1つの基本プランのみでとてもシンプルな料金体系となっています。表にしてプラン情報をまとめます。

楽天回線エリア パートナーエリア 海外(66の国と地域)
基本料金 2980円(300万名対象に1年間無料キャンペーンあり)
データ容量 完全無制限 5GB 2GB
通話
(Rakuten Link同士)
国内:かけ放題
海外:かけ放題
SMS
(Rakuten Link同士)
国内:無料
海外:無料
契約期間(契約縛り) なし

ざっと簡単にまとめるとこのような形となります。データ容量無制限でたったの月額2980円通話かけ放題ということで非常に魅力的なプランとなっていますがそれに加えて300万名を対象にした1年間無料キャンペーンまで用意しておりインパクトは半端ないです。

それでは実際のところ選択肢としてどうなのかと言えば、完全無制限のエリアは現段階では東京23区などの一部都市エリアのみだったり通話かけ放題に関しても「Rakuten Link」というアプリ使用時に限定されていたりと制約も多い印象です。特に気になるのは以下の3点。

  1. データ無制限の楽天回線エリアが現状少ない
  2. 通話やSMSが無料にならないケース
  3. 動作保証端末が少ない(iPhoneは動作保証外)

以上のポイントさえ抑えておけばむしろ十分利用価値はあると思いますのでここから更に詳しく解説していきます。

データ無制限は楽天回線エリアのみ!

完全データ無制限はとても魅力的ですが実際にその恩恵を受けられるのは楽天回線の提供エリアのみであり楽天回線の提供エリア外ではパートナーエリア(au回線)となるため、エリア外で5GBのデータ通信を超えると通信制限がかかってしまいます。

つまり自身が利用する場所や地域を想定し、その場所が楽天回線の提供エリアかどうか事前にエリア確認をしておかないと普段使う地域が実はパートナーエリアでいざ使い始めたらあっという間に通信制限にかかって使い物にならないなんてことが起こりかねないのです。

仮にパートナーエリアで利用するとした場合、5GBで2980円ということになりますからそうなると格安キャリアでもっと安いプランもありますし魅力が無くなってきますね。あくまでデータ無制限で使えることが前提で利用するべきプランと言えます。

楽天回線のエリアはまだまだ少ない

楽天アンリミットエリア画像引用元:楽天モバイル公式

それでは肝心の楽天回線エリアは現在どこまで展開しているのかというと上記画像の濃いピンク色の場所が楽天回線エリアとなり、薄いピンクの場所がパートナーエリアとなりデータ無制限で使えるエリアは今のところほとんどが主要都市のみと言っていいでしょう。

魅力的なサービスであることは間違いありませんが楽天回線エリアはまだまだ少ないので下記の公式サイトで申し込みをする前に必ずエリアチェックをしておきましょう。
楽天回線のエリアをチェック

通話やSMSでお金がかかるケースとは?

出費イメージ

通話完全かけ放題やSMS無料としていますがこれは「Rakuten Link」という通話アプリを利用する前提となっています。しっかり理解しておかないと思わぬお金がかかってしまうケースがあるので注意しましょう。主にお金がかかるケースとしては通話やSMSを海外へ行うケースと、「Rakuten Link」を使わずに通話やSMSを行うケースです。

下記に各ケースごとで表にしてまとめてみました。無料の場合は青字、有料の場合は赤字で記載しています。

楽天回線エリア パートナーエリア 海外(66の国と地域)
通話
(Rakuten Link同士)
国内:かけ放題
海外:かけ放題
通話
(発信側のみRakuten Link)
国内:かけ放題
海外:国・地域別従量課金
通話
(Rakuten Link非使用)
国内:20秒/30円
海外:国・地域別従量課金
国内:20秒/30円
海外:国・地域別従量課金
通話不可
SMS
(Rakuten Link同士)
国内:無料
海外:無料
SMS
(送信側のみRakuten Link)
国内:無料
海外(66の国と地域):無料
海外(その他の地域):100円/70文字(全角)
SMS
(Rakuten Link非使用)
国内:3円/70文字(全角)
海外:100円/70文字(全角)

基本的に「Rakuten Link」を使わない場合はお金が発生します。つまり敢えて通常の通話やSMSを利用する意味はないです。お互い「Rakuten Link」同士という条件が揃えば国内海外問わず無料ですが、実際そういったケースは少ないでしょう。一番多くなるのは発信、送信側のみ「Rakuten Link」を使うケースだと思われますので上記にまとめたパターンをよく理解しておきましょう。

なお、海外への通話が多い方は「国際通話かけ放題」オプションに別途980円で加入できますのでそちらを利用すると良いです。

そもそも「Rakuten Link」とは?

Rakuten Link画像画像引用元:楽天モバイル公式

「Rakuten Link」とは携帯電話番号を使用したWi-Fi経由の通話SMSアプリです。このサービスですが、実は国内初の画期的なサービス。モバイルネットワークに依存しないので仮に圏外の場所や飛行機内だとしてもWi-Fiさえ繋がればどこでも通話やSMSが行えるのです。音質も特に問題なく使えます。ただしビデオ通話には対応していないようなのでどうしてもビデオ通話をする場合はLINE通話などで代用しましょう。

なお、「Rakuten Link」アプリはAndroidのみ対応しています。(2020年3月時点)

  1. Rakuten Link同士なら世界中どこでも通話、SMSが無料
  2. 圏外や機内モードでもWi-Fiさえあれば通話、SMSができる
  3. 最大100人のグループチャットが可能で写真やファイルも共有可能
  4. 海外指定の66カ国・地域であれば国内への通話、SMSが無料
  5. 連絡帳の登録、管理ができる
  6. Androidのみでしか利用できない

以上が「Rakuten Link」の特徴となりますので抑えておきましょう。

iPhoneは動作保証外!動作保証端末をチェック

チェックを入れる男性写真

Rakuten UN-LIMIT(楽天アンリミット)の契約をする前に動作保証端末についても気を付けなければいけません。今のところ動作保証されているのはAndroidの一部端末のみであり、iPhoneは動作保証がされていないのです。

動作保証されている端末を下記にまとめてみます。

AQUOS zero AQUOS sense2 AQUOS R compact Find X 
AQUOS R2 compact AQUOS sense plus AQUOS sense lite HUAWEI P30 lite
Reno 10× Zoom AX7 R17 Pro HUAWEI nova lite 3
A5 2020 Reno A AQUOS sense3 plus arrows RX
Galaxy S10 Galaxy Note10+ AQUOS sense3 lite HUAWEI nova 5T
Galaxy A7 Rakuten Mini Xperia Ace

以上が公式サイト上で動作保証をされている端末一覧になります。青字記載しているものはソフトウェアの更新により対応する端末、黒字記載のものは申し込みとセットで購入できる端末となります。

公式サイトに「楽天モバイルよりご購入いただいた楽天回線対応製品以外の動作保証はしておりません。」という記載があるため同じ端末を持っていても楽天モバイル以外で購入している場合は注意が必要そうですね。楽天としては端末購入を推奨しているともとれます。

実はiPhoneで利用できるという情報がある

実はどうしてもiPhoneで利用したい場合、iPhone XR以降であれば動作可能という情報があります。これは先行実施されている無料サポータープログラムによって確認されている情報なので2020年4月8日の正式サービス開始時に同じことが言えるとも限りません。あくまで公式動作保証外であるため自己責任となります。動作情報については後日まとめてお知らせしようと思います。

ちなみにiPhoneは動作保証がされていないことに加えて「Rakuten Link」アプリがApp Storeにないので実質iPhoneで使う場合は仮に動作したとしても通話やSMSは全て有料ということになります。

※iPhoneの動作について【iPhone対応?】楽天アンリミット追加情報まとめに記載しました。

Rakuten UN-LIMIT(楽天アンリミット)まとめ

間も無くサービス開始のRakuten UN-LIMIT(楽天アンリミット)ですが最後に今まで述べてきたポイントをまとめます。

・月額2980円でデータ無制限、通話かけ放題

・データ無制限は楽天回線エリアのみ。その他地域は5GBまで

・データ無制限でのテザリングも可能

・楽天回線エリアはまだまだ少ないのでエリア確認は必須

・通話かけ放題は「Rakuten Link」利用時のみ

・動作保証端末はAndroid一部端末のみでiPhoneは動作保証外

・先行申込で300万名へ1年間無料キャンペーン中

これらのポイントを理解し、楽天回線エリアで利用できる方であればかなり魅力的ではないかと思います。

今現在、キャンペーンとして1年間無料の他にオンライン申込で後日3000ポイント還元事務手数料3300円分を後日全額ポイント還元+端末セット購入時に対象製品で最大14500ポイント還元を実施しています。興味がある方は検討してみては!これからのサービス開始とエリアの拡大が楽しみですね。