通信業界ニュース

【シンプル解説】今さら聞けない5Gスマホとは?

5Gイラスト

まもなく5Gスマホが発売、いよいよサービスもスタートしますね。ここ最近ではテレビのコマーシャルや電車、街の広告などにも5Gを宣伝するものが多いように感じます。

しかし5Gという言葉自体は聞いたことあるけど実際のところ5Gスマホで具体的に何がどう変わるのか分からない方もいれば、興味はあるけどイマイチ5Gスマホへの機種変更に踏み出せずにいる方などもいるのではないでしょうか。

今回は話題の5Gスマホとは何なのか、いつからサービス開始なのかなど大事なポイントを抑えてできるだけ分かりやすくシンプルに解説していきます。

そもそも5Gとは?

我々が普段使っているスマートフォンは今現在ほとんどが4Gと呼ばれる通信規格で利用できています。この4Gが5Gとなるわけですが難しい言葉で言うと「第5世代移動通信システム」と呼ばれます。

昔、ガラケーや初期のスマートフォンを使っていた方であれば3Gから4Gに変わった時めちゃくちゃ通信スピードが速くなったと感じた方もいるのではないでしょうか。こうして第3世代から第4世代、そして新たな第5世代へと進化を遂げようとしています。

5Gスマホで変わること

たくさんのアプリイメージ

5Gスマホに変わることでどんな変化が起きるのか。4Gから5Gになることで得られる通信上のメリットが大きく分けて3つあり、これらがあらゆるサービスに発展をもたらす基盤になると言われています。以下がその3つ。

  1. 超高速・大容量
  2. 超低遅延
  3. 多数同時接続

この3つの要素が実際に掛け合わさることで具体的にどんなことが起きていくのかをここからは解説していきます。

超高速通信が可能になる

スピードが速いイメージ

5Gは4Gと比べると約100倍という大幅な通信速度の向上をさせています。これにより映画などの大容量データをたったの数秒でダウンロードが可能となったり、4Kや8K動画などのライブストリーミングが可能となります。

つまりスマホで行うあらゆる通信が文字通り一瞬となり、スポーツ観戦やコンサートなども大迫力でリアルタイム視聴ができるのです。

VRでのエンタメ体験が広がる

VRゴーグルをつけた男性

5Gの特徴としてよく取り上げられてもいますがVRを使ったあらゆるエンタメ体験が今後増えていくと思われます。例えばスポーツ観戦や音楽ライブなども現地にいなくてもVRによって自分の好きな角度でその場にいるような感覚で楽しむことが可能となり、離れた人同士でVR楽器セッションなんてことも実現されていきます。

他にも例をあげると、観光地などの現地に実際行かなくてもまるでその観光地にいるような臨場感あふれる体験が可能となります。

スマホでのクラウドゲームが普及していく

遅延に関しては4Gと比べて約10分の1になると言われており、例えばオンライン会議などを遠く離れた人同士でする際にも遅延することなくリアルタイムで会話が可能に。これは国を越えた距離同士で行った場合でも問題ないレベルになっていくようです。

そしてスマホ業界において大きく変わるのがクラウドゲームサービスです。クラウドゲームとはダウンロード不要でゲームをストリーミングでプレイするということです。これは例えば本来ならハイスペックなCPUが必要なゲームだとしても処理はサーバーで行われるので画面を映すスマホと通信環境さえあればあらゆるゲームが快適にプレイできてしまうということなのです。

極端にいえば家庭用ゲーム機自体不要で今までの家庭用ゲーム機クオリティのゲームがスマホで遊べてしまうようになるわけですね。

また、IoTサービスへも大きなメリットをもたらすようで医療の場ではロボットアームを使った遅延のない遠隔手術、交通面では自動運転技術にも活かされます。

混雑している場所でも繋がりやすくなる

今までにコンサート会場や音楽フェスのような大きなイベント会場などでネットが繋がりづらい経験をしたことがある方もいると思います。これは大多数のインターネット通信が基地局に集中するため通信が混雑してしまいネットが繋がらないということになるわけですが5Gではこういった現象もなくなり、大勢の人が同じ場所で同時に動画視聴などを行っても何の問題もありません。

5Gスマホサービスはいつから開始する?

日本中を繋ぐネットワーク

これまで解説してきた5Gスマホのサービスはいつ開始となるのか気になりますね。大手3キャリアとも発表が出揃いましたのでここで大手3キャリアごとに5Gへの現在の対応状況を表にしてまとめてみました。

Docomo 2020年3月25日より提供開始となるが全国150箇所というスポット限定的なスタート。主にスタジアムや主要駅のみなので実用性は正直まだイマイチ。 2020年6月から2022年3月末にかけて順次全国導入予定とのこと。Docomo5G対応エリア確認(リンク先PDF)
au 2020年3月26日提供開始。提供エリアもDocomoやSoftBank同様かなり少ない。2020年夏以降全国主要都市へ展開予定。2021年3月に約1万局、2022年3月には約2万局超えを予定している。
au5G対応エリア確認(リンク先PDF)
SoftBank 2020年3月27日より提供開始となり対応住所リストも公開されている。リスト内には同年3月31日開始予定の地域も含まれているがリストを見る限りDocomo同様、もしくはそれにも及ばないレベルでまだまだ対応エリアは非常に少ない。
SoftBank5G対応エリア確認

5Gスマホへすぐ変えるべき?

それでは5Gスマホへ今すぐ変えるべきなのか。これに関しては正直言って今すぐに5Gスマホへ変える必要はないと考えます。というのも上で述べた通りサービス開始が今のところかなり局所的なエリアであり、いざ変えたところで今のエリア状況では5Gの恩恵を受けることがほとんどできないからです。

5Gによる新たなサービスは魅力的ではありますが、実際これを体験できるエリアがこうも少ないと実用性としてはイマイチではないかと考えます。今後のエリア拡大状況を見た上で5Gスマホへ変更するのが得策でしょう。

しかし、たまたま機種変更を考えているタイミングの方や新たに発表された5Gスマホに魅力的な機種がある新しいもの好きの方などであればもちろん5Gスマホへ変えてしまうのもありだと思います。あくまで5Gというワードにすぐに飛びついて変える必要まではないということです。

5Gスマホの料金プランはどうなる?

スマホとお金

5Gサービス開始にあたり3キャリア各社の料金プランに関してはどうなるのでしょうか。こちらについても下に表にしてまとめます。

Docomo 「5Gギガホ」「5Gギガライト」の2プランで用意。従来のプランに500円の上乗せで利用できる形となる。また5Gギガホの容量制限に関してはキャンペーンという形で今現在はデータ容量無制限としていますがキャンペーン終了後は月間100GBまでの予定。終了時期については明言されていない。
au 新プランは「データMAX 5G ALL STARパック」「データMAX 5G Netflixパック」「データMAX 5G」「ピタットプラン 5G」の4つとなる。基本料金としては従来の4Gプラン料金にプラス1000円という形になるがSoftBankのように最初の2年間は1000円割引が入るようになっている。
SoftBank 2020年3月12日から開始した「メリハリプラン」などの料金に加えて5G基本料として別途1000円が必要となる。こちらについては2020年8月31日までに5Gスマホを購入すると5G基本料の1000円が2年間無料となるキャンペーンを行っている。

auに関してはまだ未発表ですが大手3キャリアのいずれにおいても5Gサービスを使うには別途料金が必要となると思われます。ある程度5Gの普及が広まっていけばまた料金が安くなるような新しい料金プランなどに切り替わっていくのではないかと思われます。

5Gスマホのまとめ

ここまで5Gスマホのメリットやエリア状況など大事になるポイントを解説してきましたが最後にポイントをまとめて終わりにします。

・VRやクラウドゲームの普及により今後スマホでの楽しみ方が増えていく
・超高速通信によってネットストレスが大幅に減少する
・提供エリアがまだまだ少ないため急いで変える必要はない
・5Gを利用するには500円〜1000円の別途料金がかかる
・あと2〜3年ほどすれば全国的に本格普及する予定

以上がかなりざっくりですが5Gスマホのポイントとなります。5Gによって今までではあり得なかった近未来のようなサービスが次々と出てくると思われるので非常に楽しみですがやはりエリアがまだまだ少ないのが残念ですね。今後一気に普及し広まっていくことは間違いないので楽しみにしていましょう!